[ivcs]
Type: article
Parent page: ウェブデザイン
[/ivcs]

この記事では、ウェブデザインの概要について説明します。

ウェブデザインとはどういうものか

ウェブデザインとは、ウェブサイトやウェブページのデザイン全般を指す言葉です。文字や画像などの要素の配置(レイアウト)、装飾などの視覚的なグラフィックデザインに加え、グラフィカルユーザインタフェースや情報設計など、ウェブデザインが含む範囲は幅広いものです。このウェブデザインを専門に行う職業をウェブデザイナーと呼びます。

ここでは、グラフィックデザインに絞って見ていきましょう。

ウェブデザインの具体的な内容

基本的には、ウェブデザイナーはIllustrator(イラストレーター)や、Photoshop(フォトショップ)、Fireworks(ファイヤーワークス)などのクリエイティブソフトを使用して、ウェブサイトのデザインを作っていきます。レイアウトデザインを考えたり、使用するアイコンやロゴ用の画像の加工、作成、カラーの選択などです。

こうした要素が決まったら、実際のウェブサイト上にこれらを取り込む「コーディング」という作業を行います。HTMLとCSSという言語を使い、デザインやレイアウトを詳細に設定していきます。

基本的に、ウェブデザイナーがする仕事はこのデザインとコーディングがメインとなりますが、以下に記載する「スクリプト作成」の作業を求められる場合もあります。

スクリプトとは簡単なプログラムのことで、ブラウザ側で動くスクリプト(多くはJavaScriptという種類の言語です)で、新規ウインドウを作成したり、警告アラートを出すなどさまざまな機能を設置できます。複雑なものになると、専門のエンジニアが手がけることもあります。